今日の作業は平塚市の八幡公民館と
アパートの塗装、南面です。
先に八幡公民館の作業からです。

外塀がかなり膨らんでおり、
先ずは削って剥がします。
この様な現象になるのには理由があり、

1つは外塀はなるべくなら通気の確保をする為に裏面は塗らないほうが良い。
湿気の逃げ場がなくなり膨らむのです。
ただし塀の天端に防水処理がしっかりと行われて入ればこうはならない可能性もあります。
ここは関係有りませんが、
お家の塀の裏側に土が引いてあるときは、地面からの湿気もあるので裏側は塗らないほうが良いでしょう。

2つ目は、細かいクラックからの水の浸入。これも同じくメンテナンスが遅れるとこの様に水の逃げ場がなくなり膨らみます。

3つ目が重要で塗料の選定ミス。

公民館の壁はアクリルの微弾性塗料を使っていました。
塗装した時期から考えると、
微弾性で通気性も悪く、
湿気の逃げ場がなくなり膨らみます。

実際、削ってみるとかなり塗膜の下が濡れていました。
全部剥がしたい所なのですが、
容易な事でなく取りきれませんので
可能な限り取り除きました😅
このままでは塗装して見た目もわるいので、予定を変更してパターンで肌合わせをしてから、更にパターン付けを行う様にします。

アパートの方は、
いつもは初めに行う南面ですが、
天気の都合もあり、
今回は最後になりました。

外壁は明日から行うので、
今日は朝からシャッターの塗装を19枚行いました。午後からは自分も息子も合流です👍
明日も二手に分かれての作業になります。
いつもご覧頂き有難う御座います😄

塗装ブログランキングに
参加していますので「ポチっ」と
ご協力お願いします🙇🏻

塗装 ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村