今日は錆止めの塗装です。屋根から順番に鉄部の錆止めを、行いました。
霧よけや雨戸、水切りなどの全て塗装しました。

続いてはシールの撤去作業です。シールカッター入れてから、
ムニュー♪と引っ張って
サイドに残ったバリを綺麗にカッターを使って剥がします。 更に続いては、屋根です。
屋根は塗料で隙間が埋まっているので、
先にタスペーサーを挿入します。
前日の雨のせいでしょうか……
屋根は乾いていましたが、ヘラを刺すと中から水が出てきます。
これが蒸れて、屋根の裏の板を痛め、雨漏りの原因になるので、
タスペーサーで隙間を確保してから塗らなくてはいけないのです。
せめて屋根の重なりの縁切りしていれば、水がこの様に溜まることはありません。
塗り替えはただ塗ってあれば良いものではありませんので、良く注意しましょう、